【油断禁物】ホワイトニングした後に気をつけたい生活習慣

ホワイトニングをしたからといって永遠に白い歯ではない

何を当たり前のことを…と突っ込まれそうですが、案外おおいんですよね。ホワイトニングをしたからといってずっと白い歯を維持できる訳ではありません。施術をもし受けた場合、白い歯を維持するために対策は必要です。そもそもホワイトニングとは、強力な漂白剤で歯の表面を研磨する美容治療なので、施術後ケアを怠った場合また汚い歯に逆戻り、ということはよくあります。また、どんなにケアをしていても毎日歯は何かしらの汚れにさらされますので、白い歯は決して永遠ではありません。

ホワイトニングした歯の色が元に戻るには、個人差はありますが数年かかることがほとんどです。
もしすぐに歯の色が元に戻ったように見えると感じる場合は、たいていはホワイトニングして白くなった歯を見慣れる事によります。

歯が今までより数段急に白くなったら、その直後はその白さに感動しますが、日に日にホワイトニングした白い歯に慣れてしまい、元の歯の色を忘れて、色が戻ったと感じる人も少なくありません。

もしご心配なようでしたらホワイトニング前の写真と比較してもらうことをおすすめします。(歯科医院ではホワイトニング前と後の写真を撮影しているところもあります!)

引用: http://www.shinbi-shika.net/whitening/column/%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E7%9B%B4%E5%BE%8C%E3%81%AE%E3%82%B1%E3%82%A2%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%99%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%AE-2

ホワイトニングの後に気をつけたい生活習慣

ではどのように生活習慣をしていればいいか?どのようにケアすべきかなのですが

・徹底的に歯磨きをする(1日3回)

・歯のクリーニングに定期的に行う

・定期的にホワイトニングをする

これに尽きます。個人的な意見ですが、歯は消耗品なので、どんなにケアをしていても汚れるものは汚れます。なので、定期的なケア、日頃の生活習慣で少しでも白い歯を維持していきましょう

まとめ

いかがでしたか?ホワイトニング後で白い歯を維持するために、少しでもためになた方がいたなら幸せです。

セルフホワイトニングには効果がないのか?を検証してみた

セルフホワイトニングは果たして効果がないのか

ネットの口コミで度々みられる、セルフホワイトニングには効果がない、といった声。セルフホワイトニングをするためには

・医師の施術の元で行われるセルフホワイトニング

・ネットなどの通販で購入する個人輸入

の2パターンに大別されます。この際論点になるのが、過酸化成分配合・未配合といった点です。オフィスホワイトニングの効果が抜群なのは、この過酸化成分が配合されているためです。過酸化成分配合の強力な高濃度ジェルを使用して歯の表面を研磨するため、白い歯を手に入れることができます。

最近話題のVIVIDシステム

VIVIDシステムとは過酸化成分配合のホームホワイトニングです。つまり、医師の監修の元に支給さるホワイトニンググッズを使用してホームホワイトニングをします。つまり、ホームホワイトニングですがオフィスホワイトニングと同じ効果を得ることができます。過酸化成分は6%と、高濃度ジェルを使用した施術を受けることができます。

VIVIDシステムは個人輸入可能か

残念ながら、VIVDシステムは個人輸入することはできません。過酸化成分配合のアイテムは個人輸入することができません*一部、過酸化成分配合のグッズも出回っていますが、非常に危険です。歯の状態にもよりますが知覚過敏などの副作用の恐れがあります。

市販のホワイトニンググッズは効果がないのか

こうなってくると、過酸化成分配合の商品以外には効果がないように聞こえてしまいますが、そんなことはありません。市販のホワイトニンググッズでも十分に効果が期待できます。

・ははのは

・ちゅらトゥース

・ブラントゥース

など有名商品ですね。歯の症状が深刻でないのであれば市販のグッズでも歯を白くすることができると思います。また、値段もクリニックで施術するよりも比較的安価にスタートできるので、ローリスクでホワイトニングをすることができますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ホームホワイトニングを検討している方の一助になれば幸いです。

ホワイトニングライトで効果数倍?

ホワイトニングライトとは

オフィスホワイトニングする際にはマストアイテムのホワイトニングライト。前述の記事でも記載しましたが、ホワイトニングは強力な高濃度ジェルを使用して歯を漂白します。その際、マウスピース+ホワイトニングライトでホワイトニングの効果を更に強くすることができます。ジェルの濃度だけがオフィスホワイトニングを選ぶ基準になりがちですが、ホワイトニングライトがしっかりと完備されてるかどうかも選別基準の一つになりそうですね。

ホワイトニングライトは市販で買えるか

結論からいうと、ホワイトニングライトは市販で買えます。代表的なライトとしては

・Dentiveホワイトニングライト

ホワイトニングLEDライト5灯式

マウストレイ付きLEDライト

ファントムブライト

ホワイトライト

上記のような種類になっています。逆にいうとこれ以外の商品は代表的な商品はありません。

歯科に通う時間とコストがはるかに削減されちゃう自宅ホワイトニング。ホワイトニング大国アメリカでは、常識なんです。
オパールエッセンスは審美歯科や美容歯科で使用されているホワイトニングジェルです
オパールエッセンス・システムは、他社のシステムに較べ、薬剤ジェルがトレイから漏れにくく、効果的に歯を白く出来ます。
また、歯にとても優しい成分を使用していることで、エナメル質を強化し処置中の知覚過敏を起こしにくい治療システムです。

引用: https://stylehaus.jp/articles/675/

上記のように、アメリカでのホームホワイトニングでは大定番らしいです。

ホワイトニングライトはどのように選ぶべきか

ホワイトニングライトは医師提供の商品はありません。なので、市販のグッズから選ぶしかありません。筆者の意見ですが、まずは価格帯の安い商品から試してみて、自分にあったライトを選んでいきましょう。いきなり高めのライトを買って自分に合わなかった、となると気分が悪いですからね。

まとめ

いかがだったでしょうか?日本ではホームホワイトニングでライトを使用するのは一般的ではありませんが、アメリカで大定番となると、日本もその波が来てもおかしくはありませんね。ホームホワイトニングの効果を更に上げたい方は是非ご一考ください。

デュアルホワイトニングで、究極の歯の白さを手に入れる

デュアルホワイトニングとは

デュアルホワイトニングとは簡単にいうと

・ホームホワイトニング

・オフィスホワイトニング

の兼用の施術になります。クリニックで行われるオフィスホワイトニング、自宅で行われるホームホワイトニングの両者の兼用によって施術の効果を最大限に発揮してくれます。

デュアルホワイトニングのメリット・デメリット

デュアルホワイトニングのメリット

デュアルホワイトニングのメリットは、前述の通りその効果の高さと安全性・確実性です。専門医のカウンセリングの元行われるホームホワイトニングに加え、いつでも場所を選ばずにできるホームホワイトニングを兼用することで高い効果を発揮することができます。兼用するオフィスホワイトニングは医師のカウンセリングの元で行われる施術・自身でグッズを購入してする施術の2パターンがありますが、前者に関しては確実性・安全性が担保されている点、後者の場合は料金を低く抑えられる点が良い点ですね。

デュアルホワイトニングのデメリット

デュアルホワイトニングは確実性・安全性が担保されている点は前述の通りですが、デメリットをあげるとするのであればその料金の高さでしょう。オフィスホワイトニングだけでも費用がかかることに加えて、ホームホワイトニングも使用するので当然料金はかかって来ます。ざっくりとした試算ですが、デュアルホワイトニングをする場合、価格相場は30,000円〜50,000円程度です。ポンと気軽に払える料金では決してないので、検討のよりがありますね。

デュアルホワイトニングで料金を抑えるためのコツ

デュアルホワイトニングは料金がかかる点がネックですが、最低限に抑える方法があります。

・料金が低いクリニックを選ぶ

・市販のホームホワイトニンググッズを使用する

この2点です。安いホワイトニングクリニックって大丈夫なの?と思う方もいるかと思いますが、この点に関しては安いクリニックがダメなわけではない、ということを念頭に置いておいてください

クリニック選びで最も注意したいのが、高濃度ジェルを使用しているかどうか、です。そんなの当たり前では?と思う方もいるかもしれませんが、意外と高濃度ジェルを使用していないクリニックも存在します。クリニックのホワイトニングの仕組みは、過酸化系の強力な漂白で歯を白くすることです。つまり、高濃度ジェルを使用していない場合は市販の過酸化成分未配合のグッズ程度しか効果は得られません。

引用: 【2017年】ホワイトニングのおすすめ人気ランキング!オフィス+ホームホワイトニング徹底比較!

上記のように、高濃度ジェルを使用しているかどうかが最もクリニック選別でキーになる点です。また、ホワイトニングはその歯の白さが永遠に継続するわけではないので、定期的に通うことができる距離にクリニックがあるかどうかも注意点です。

・徹底的に歯磨きをする(1日3回)

・歯のクリーニングに定期的に行う

・定期的にホワイトニングをする

引用: 【油断禁物】ホワイトニングした後に気をつけたい生活習慣

まとめ

いかがでしたでしょうか?デュアルホワイトニングを検討している方は是非1度検討してみてくださいね